労使問題・労使紛争・未然解決・労働保険・各種助成金・給与計算・労務監査のことなら

プライバシーポリシー事務所概要

社会保険労務士法人 味園事務所|労使問題・労使紛争・未然解決・労働保険・各種助成金・給与計算・労務監査のことなら、東京都千代田区九段下の社労士、社会保険労務士法人味園事務所

03-3556-7879ご相談・お問合せ

受付時間:9:00~17:30 定休日:土日祝・年末年始

News & Information新着情報

雇用保険マルチジョブホルダー制度がスタートします。

2021/12/20

65歳以上の労働者を対象として、令和4年1月1日より新たな雇用保険被保険者資格(マルチ高年齢被保険者)が新設されます。
マルチジョブホルダーとは、複数の事業所で勤務する労働者をことをいい、以下の要件を満たす者が住所地を管轄するハローワークに申し出ることで、申出日(届出受理日)から特例的に雇用保険に加入することができます。

1.複数の事業所に雇用される65歳以上の労働者であること。
2.2つの事業所(1つの事業所における1週間の所定労働時間が5時間以上20時間未満)の労働時間を合計して、1週間の所定労働時間20時間以上であること。
3.2つの事業所のそれぞれの雇用見込みが31日以上であること。

※複数の事業所のうち、2つの事業所で被保険者資格を取得します。

 

その他ポイント


・2つの事業所分の手続書類が揃っていないと、ハローワークで受理されません。

・取得申出日(届出受理日)から被保険者となるため、申出日から遡及して被保険者となれません。

・取得申出日から退職申出日までの間、雇用保険料が発生するため、場合によっては取得日または退職日の賃金を日割計算し、保険料徴収、納付、離職票に記載する必要があります。

・2つの事業所のうち一方を退職した場合、または週所定労働時間が20時間未満となった場合は、2つの事業所のいずれの被保険者資格をも喪失しますので手続が必要です。

・一方のみを退職した場合、雇用を継続する他方の会社では労働者からの申出がなければ、被保険者資格の喪失ができず、保険料の徴収、納付を継続することになってしまいます。


5年後に制度を見直しすることになっているようですが、はたしてどのくらいの方々が被保険者資格を取得するのか想像もつきません!
会社としては労働者からの申出(依頼)があれば、対応しなければなりませんので、制度を理解しておきましょう。
詳しくは、貴社担当の弊所職員にお問い合わせいただくか、厚労省HPを参照ください。

制度概要はこちらから
Q&Aはこちらから

お問合せ先

お気軽にお問合せください

03-3556-7879

受付時間:9:00~17:30
定休日:土日祝・年末年始

ご相談・お問合せ

News & Information

2022/01/12

大卒・事務系 横ばいの21.9万円――経団連・東京経協 21年3月卒初任給調査

経団連と東京経営者協会が実施した2021年3月卒の決定初任給調査によると、大学卒・事務系は21万9402円、技術系は22万438円だった。3年ぶりに技術系の水準が事務系を逆転している。引上げ率は、順に0.40%、0.51 …

続きを読む

Business Outline

事務所案内

所在地

〒102-0073
東京都千代田区九段北1-1-5
第二中央ビル2階

電話:03-3556-7879
FAX:03-3556-7892

東京都千代田区九段下の社労士事務所です

私達、社会保険労務士法人味園事務所では、社会保険労務士事務所として、会社の「人」に関するお仕事を中心に業務し、労使間における労働関係紛争の解決、そしてそれらを未然に防ぐお手伝いをしております。
社員の皆さんが働き易い環境づくりのご提案、つまりそれは会社の安定と拡大のお手伝いと考え、クライアント企業様へご提案させていただいております。

ご相談・ご依頼・お問合せ先

お気軽にお問合せください

03-3556-7879 メールでのご相談・お問合せ

受付時間:9:00~17:30 定休日:土日祝・年末年始